x_movie



メイン : MIXER : PHOENIX AUDIO : 




カテゴリ: MIXER PHOENIX AUDIO
タイトル:PHOENIX AUDIO NICERIZER16 summing mixer 人気 Quick Time Player Quick Time Player
説明:
Phoenix NICERIZER16 16channel Line Mixer

録音環境
M BOXPROにて出力した録音されたドラムサウンドをNICERIZER16に入力、マスターアウトを別のMBOXPROにイン、16bit 44.1でProTools softに録音という手順です。

詳細
この製品はいわゆるサミングアンプです。大切なポイントはミックスされた音の広がりなどをコントロール出来、定位が見えることだと思います。入力16インプット各チャンネルごとにパンがあり、+8dBが加算出来る。MONITORセクションではLEFT/STEREO/RIGHTの切換えスイッチ、入力のレベルメーター切換え、AUX LEVEL、OUTPUTがあり、バックパネルにはINSERT L/R、AUX O/P、2T RET(MONITORセクションで確認出来る)などにアウトボードやCDなどを入力することが可能です。また、最終のMix outではSTEREO WIDTHというつまみによりMONO-STEREO-WIDEという幅が設定出来るのも嬉しい機能だ。音質はトロイダルコアトランスを使用しているが最近の流行のハイファイな質感が特徴で少し腰だかな印象がある。デジタルソースを交ぜるには相性がいいかもしれません。
view
掲載日:2014-5-28 14:09
投稿者: MODERNMUSIC
ヒット数:591
再生時間/データ速度: 00:01:10/1200kbps
評価:(投票数 0 ) 0.00